2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2009.01.28 (Wed)

小松菜・辛子和え


いきなり

((( ドドーン )))


komatuna9.jpg

今さらかよ;

地味やけど 【和え物】って 
アタシにゃー欠かせられないモンの1つでありますお(笑)
ガッツリ お野菜食えるしね)))
昔っからの お馴染み深~い一品でありまふよ♪

今回は ほうれん草では無く 歯ごたえシャキシャキ感が好きなので
小松菜さんに登場していただきましたお(。-.-。)

長いケド・・・

読んでみる?…( ̄- ̄;)


【More・・・】


((( お野菜 うんまく食おうぜぃっ )))





やっぱし一等は 採れたて新鮮ぴちぴちお野菜ね♪

はい

komatuna1.jpg

しかし【半額】って文字もとっても魅力的なのネン(-.-)
そこで ちょっとの手間をかけてやりましょー)))

komatuna2.jpg

根っこが水を吸いやすい様に 根っこの先っチョ切ってやり
お野菜さんに お水を吸わせてやりまふお♪
元気になるまで しばらく放置しておきましょネー

komatuna3.jpg

どうせ茹でるんだから そんなのせんでもええんでは!?

ぃぇぃぇ♪(笑)

しなびた物を茹でるより 元気になって茹であげたほーが 
出来上がり とっても美味いんでふよぉ♪)))
全然違うぉー)))



茎んとこって 太いでしょ?
葉っぱと比べても 全然堅さも違うやろ?

komatuna4.jpg

なるだーけ 均一に茹であがる様にしてやらんと
茎がほどよく茹であがる頃には 葉っぱ、クテクテ になってまうんだな;
それに ここって 絞まっておるから 
洗っても取れ難い 泥なんかがいっぱい入っておるんだな;
洗う時に 十文字の中も広げて見てやりましょネ♪



茹でる時には 

komatuna5.jpg
湯の中に ぶちこむの♪ お賽銭?(笑)

って お野菜湯がく時にゃーもってこいなんだな(笑)
キッチン用品(←ハイ ポチクリ)こんなのも売っておるけど
30円で十分なんだな(笑) 
(営業妨害やろうか;ゴメンナサイ;お金のあるお人は買いましょう)
お水の殺菌作用もあり お野菜、色良く美味しく茹であがりまふ。

茹でる時にゃー束にして 逆さま茎の方から湯に浸からせましょね。
30秒位 そのまんま。
で 全貌・葉っぱの方まで浸からせましょー


これでまんべんなく 均等な茹で上がりネ♪


で 茹であがったら速攻お水にさらし

komatuna6.jpg
今日は仕上がりの色を濃くしたく無いので 【つゆ】を使っておりますよー

冷蔵庫で

komatuna7.jpg

おひたし類なんか 茹でて水にさらしてしぼるでしょ?
その後一度 醤油を少々なじませるのね。
んで 寝かした後 ギュー っとしぼると 
お野菜の中のアクや苦味なんかが一緒に外に出てくれるのネ♪
んで お野菜本来の甘味も出てきてくれるのさ)))
下味も軽くつくので おひたし類、うーんと美味くなるお♪

これ 青いお野菜・おひたし類の下ごしらえ、 ほぼ全般 大事大事)))
その後 普通に味付けしちゃってくださいな♪
オツムとお尻、交互にひっくり返して置いておるのは 
切った時、なるだけまんべんなく混ざる様にサ♪



ごめんよ; ここまで長かったね; ゴメンゴメン;


やーっとこさ
((( 味付け 行ってみよ~~~♪ )))

しめじ人参も湯がいてー・・・
これ又冷ましてチョッピリ【つゆ】、ふりかけておき。
(しめじはお水にさらしちゃーダメよん。茹でてザルで自然放置ネ)
先程の小松菜、切ってギューっとしぼって みんなまぜておきます。

で ここで登場 【粉からし】

komatuna8.jpg  

チューブのより ええのよ)))
まんべんなく混ざりやすいし、辛さもええ感じなの (¬¬*)b
粉のまんま ふりかけてやりますよ。
他に使う時だって 粉やから 使う前に いるだけ水で 練ればええんやし
チューブのみたいに 日にちが経って、風味が逃げてまう事がありません。
よって保存も長い事持ちます(笑) おでんにも こっちの方が 美味いって♪

ただ 練ってなんぼのもんやから 
ここでもよ~くオテテでもんで 混ぜてなじませてやってくださいね。
それやらんとー・・・ 
噛んでる最中、えっらい事になります(笑)

お好みの風味になるまで 粉、足してやってください♪





後は 摩り胡麻混ぜて
画像にある市販の【つゆ】で和えるだけですよ♪
今回、普通の胡麻和えみたいに甘く食いたく無いので 
みりんもお砂糖も入れていません。
大人味(笑)

お子様向けや 辛子がキライなお方は 上記の辛子の部分は飛ばしてくださいネ♪

『今さら!?』なんやけど 食卓に きっと多く登場するものでしょうから
チョット 熱入れて書いてみました(^-^;)

長々おつきあい ありがとうございましたo( _ _ )o

00:11  |  和え物  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)

Comment

なるほど!!

粉辛子、お湯で溶いた方が辛味がでるとか、溶いた辛子を(おちょこみたいなのに入れて)伏せておく、とか、
そういうのは知ってても、実際はチューブの練り辛子しか使わなかって忘れ去っていた~
たしかに、粉辛子のほうが風味がいいよね。
辛さもシャープな感じだし、あと、溶く水分量でゆるさを調整できるのもいいよねぇ・・・
やっぱり私も粉辛子に戻ろう!
と、今日のこれを見て思いました。

そして、こうやって(練らずに)粉のまま調味料として使うことも、目から鱗!
そういえば、茄子の辛子漬けなんかもそんな風につかうよなぁ・・・(やったことはないけど)

小松菜も、わりと調理方法が偏りがちな素材なので、
このアイディアもいいなぁ。
マネッコ、マネッコ、マネし小僧がまたむくむくと現れたど~(*^_^*)

あ、それとね、
辛子。
うちでは生のカツオ刺身は辛子醤油で食べるの。
これ、おいしいから、今度試してみて。
タタキはポン酢でニンニクやショウガなんだけどね、
生の時。

今、里芋こさげ中(笑)

関係ないけど認証キーワードが「2222」ぞろ目だった!!
いいことあるかな、にににに(= ̄∇ ̄=) ニィ
kasuga |  2009.01.29(木) 09:24 | URL |  【編集】

【kasugaっち】

↑kasugaっち←昨日バイト先のマスターに「○田っち」と呼ばれて 
なんかとっても嬉しかったのでありまひた(。-.-。)
>溶いた辛子を(おちょこみたいなのに入れて)伏せておく
↑ヒュゥ~♪ おっとな~ かっちょええ~)))
~~~φ(. .*)メモ 。
>辛さもシャープな感じだし
↑わかってくれますんですね;.:*:・°( p_q)ォィォィォィ
大好きよん!kasugaっち!
っねー))) チューブには無いシャープさがあるよね)))
チューブ、なーんかこー 気の抜けた感じ しちゃってよぉ;
かつおに辛子とはっ♪
~~~φ(. .*)メモ メモ。
さっそくやってみよう(ニヤリ)
なんだかとっても美味そーなんが感じてくるよー)))
やってみよっとやってみよっと(o⌒∇)o♪)))

ぞろめ・・・…( ̄m ̄*)  
pegu |  2009.01.29(木) 10:37 | URL |  【編集】

うちに

今巨大なほうれん草の束があるのん♪
からしなしで和え物の予定なんやけど~

わさびは苦手なんやけど(お刺身とかお寿司はOK)
からしとマスタードは大丈夫やねん。
ショートパスタのサラダとかにも
からしいれるねんけど粉のでやってみよーかな。

そうそう認証の番号で2929とか
5963とか出ると お知らせしたくなるよ(笑)
jenoise(かぱ) |  2009.01.29(木) 11:15 | URL |  【編集】

あー!

今日水菜ゆでたのにお醤油たらすの忘れてたー(T_T)
せっかく教えてもらったのにー。。。
10円玉3枚も忘れないようにせにゃ~φ(..*)

粉芥子ってなつかしー♪
粉わさびとかよくお手伝いで練って匂いかいで撃沈してたなぁ(笑)
確かにチューブってまざりにくいもんね。
粉のやつこんど買ってこよ(^-^ )
うー |  2009.01.29(木) 21:27 | URL |  【編集】

かぱぁ

うくく(^m^。)
あたしもあるー)))
辛味の苦手なやつとか(笑)
ほうれん草の胡麻和えもシンプルやけど
やっぱし大好き~~~
pegu |  2009.01.30(金) 11:43 | URL |  【編集】

うーしゃん

水菜は うーしゃんみたいにキャシャなので
醤油洗い、せんで良かったかもしれん(笑)(^m^。)

…( ̄- ̄;) からしって漢字、それなんや;
あちゃー;.:*:・°
pegu |  2009.01.30(金) 11:44 | URL |  【編集】

いやー すごいなぁ。もはや、俺のバイブルになりそうな記事ですが、kasuga師匠も唸るほどなんですねぇ。

小松の親分 とか ほうれん草の湯がき方に合え方に感動です。
ぐっさん。 |  2009.01.31(土) 02:48 | URL |  【編集】

ぐっさん

ばいぶる…( ̄- ̄;)

どーゆー意味やろ…( ̄- ̄;)

調べてみよっと;.:*:・° ~~~φ(. .*)
pegu |  2009.02.03(火) 14:09 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pegumanma.blog23.fc2.com/tb.php/25-68a9e562

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |